<   2004年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「公共性について」戦後思想チャット報告(yomori55)

10月1日開催のチャット討論報告です。
参加者は、JUNさん、そにあさん、ジェーンさん、わくわくさん、いんくさん、ふとだまさん、よもりでした。

この日のテーマは「公共性について」ということで、冒頭よもりから以下のような発言を行いました。
この「戦後思想を考える部屋」において、いままでに幾度となく「公共性」ということが話題になってきたが、それは二つの切り口に大別される。ひとつは「個人」と「公」をめぐっての議論で、「愛国心教育」などにみられるような、私的領域への公権力の侵犯が話題となった。もうひとつは、「公共性」と「共同性」をめぐる議論で、そこでは利権構造や既得権益を守ろうとする「共同性」に対して、どのようにして自立した市民による「公共性」を建ててゆけるのか、ということが、主として丸山真男の立論を検討する形で話題となった。この議論を少し深めてみたい。

この提示に対し、そにあさんからは、「公共性」と「個人」を対置するのは英米系の思考であり、「公共性」と「共同性」を対置するのは、フランス・ドイツ系の思考である、という興味深い発言がありました。また、JUNさんからは、そもそもよもりがなぜそのような問題設定をするのか、モチーフがよくわからない、という疑義が出されました。討議の中ではゲマインシャフト、ゲゼルシャフトという懐かしい(?)言葉が飛び交い、自治体合併の問題点なども話題となりました。
ゲマインシャフト的な要素を色濃く残している鄙の自治体同士が、各々の共同性をいかにして残してゆくか、という駆け引きの枠組みの中で合併を進めても、新たな公共性を創り上げるという合併本来の趣旨からは離れてゆくばかりではないか。名称をめぐって破談になるなどという事態は、その実例ではないか(よもり)、という「鄙の住人」からのレポートもありました。

話題は、「政府と個人の間に中間団体を設けることの必要性」を説くそにあさんが、その一例として教職員の組合をあげたあたりから、学校における「日の丸・君が代」の取り扱いをめぐる議論にスライドしてゆきました。
わくわくさんが国旗、国歌に反対する教職員の姿勢に疑義を呈したのに対し、 「国家による国旗・国歌の強制は許しがたい。それに従わない教職員を処分する、というのは国家による思想統制に道を開くもの」とJUNさんが反論、ここから議論が熱を帯び始めました。

「日の丸・君が代に賛成するか反対するかは、個々の教師の自由だが、かりに反対であっても、子供には国旗・国歌に敬意を払うことを教えるべきではないか」(わくわくさん)
「それを国家が強制するということが問題だ。学校なり教師なりの判断にまかせればよい」(JUNさん)
「卒業式などの公的な儀式の場で、国旗・国歌に敬意を払うのは社会的なマナーである。人間は、一人では生きていけない社会的な存在なのだから、そこで互いが幸福に生きてゆくうえでの社会的なマナーを、小さいうちに学ぶのは大切なことである」(わくわくさん)
「国家(政府)は一切教育に係わるべきではない。君が代斉唱のときに起立する教師と起立しない教師が混在していても、一向にかまわないではないか」(そにあさん)
「そもそも、小学校の段階からなぜ儀式が必要なのか。入学式や卒業式などは廃止したほうがよい」(ジェーンさん)
「一人一人の人間がどうしたら幸福に生きてゆけるか。そこから考えるなら、社会の中にルールは必要だし、国旗・国歌もルールなのだから、公的な場ではそれを守るべきである」(わくわくさん)
などなど議論が百出し、「この話題はこのあたりで・・・」ということで、午前1時を回ったころに終了いたしました。

この議論に触発されて、よもりは記憶の底に沈んでいたある文章を思い出しました。
内田樹(うちだ・たつる)「寝ながら学べる構造主義」(なんちゅー題名だ)の中にある文章で、「国旗・国歌」議論とは直接の関係はありませんが、参考になればと考え、ブリーフケースにUPしておきました。

以上、やや乱暴にチャット討論の報告をまとめましたが、言葉が足りない面が多々あろうかと危惧しています。この部屋のもうひとつのコミュニケーション・ツールであります「投稿」において、報告の不備を補っていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

2004年10月2日yomori55氏投稿より
[PR]

  by ponkenblog | 2004-10-18 04:56 | society & culture

太宰治『如是我聞』のチャット戦後思想討論会報告(yomori)

参加者は JUN,yomori,sonia,jane,maitake,dancer
ryo,でした。
太宰治「如是我聞」をテキストに、話を進めました。

「作家ならば、このような文章ではなく、小説で表現すべきではないか」(sonia)
「戦争を経過しても微動だにしない志賀直哉の作風に対し、
 それは文学者として誠実なことなのかと、指弾している」(よもり)
「戦後だからこそ出てきた作品。丸山は太宰を嫌っていたが、既成論壇に反発した丸山は、現在から見ると太宰と重なって見える」(JUN)
また、janeさんやmaitakeさんからは、女性蔑視的な表現について指摘がありました。
文学作品をテキストにして、「戦後思想」を別の角度から考えてみよう、という試みでしたが、初司会のよもりにとっては荷が重すぎたようです。
それとも、テキストの選択を誤ったかな(笑)
今後は、坂口安吾や荒正人などの文章も取り上げてみたいと思います。

後半は、参議院選挙の結果について、ちょっと討論の時間を持ちました。
口火を切ったのはJUNさんでした。実はJUNさんの新たな勤務先となった北海道の十勝地方は、かの鈴木宗男の地元です。
今回、十勝地方の多くの自治体で、鈴木宗男はトップの得票を獲得しました。
これについて、JUNさんは、「札幌にいると分からなかったが、こちらに来て、鈴木のような政治家が評価を得る理由が、実感として理解できた。町には若者の姿がないし、仕事もない。役場に行っても職員が減ってがらんとしている。『こんな町の状態じゃ鈴木宗男に入れるしかないでしょう』と、ある役場の幹部が言っていたが、その心情は理解できる」と発言。
これに対し、soniaさんが、「被告人となっている利権政治家に投票するという選択は否定せざるを得ないし、そもそもそのような心情は、JUNさんがいままで否定してきたものではないか」と指摘しました。
ここから、「肯定をしている訳ではない。そういう現実があるということ」(JUN)
「だからと言って鈴木を支持するというのは、JUNさんがよく言っていた民度の低さ、の現われではないか」(sonia)
といった応酬がありました。

JUNさんが十勝に赴任して受けた「カルチャーショック」について、疑義を呈するsoniaさんに対し、janeさんやdancerさんからは共感が寄せられ、また、ryoさんからは、鈴木を利権政治家としての面ではなく、「官僚支配に挑み敗れた政治家」と捉える視点が提示されました。
丸山的な思考からの離脱とも見えるJUNさんの発言ですが、どうなんでしょう。
確かに、一見「転向」ともみえるJUNさんの発言です。
しかし、「鈴木宗男に投票せざるを得ない地方の現状」を、「(肯定はしないが)現実として見据えるべき」とするJUNさんの発言に、地方切捨てを招来している「市場原理」への疑問を読み取るならば、JUNさんは一貫している、というふうにyomoriは思いました。

JUNさんやyomoriには、社民的な福祉政策と是とする姿勢があります。富の再配分について、国家がどこまで介入すべきなのか。JUNさん・yomoriと、soniaさん・ryoさんでは、この問題に対する考え方に、相当の開きがあるように思えました。その違いが、鈴木宗男をめぐる議論で露出した、ということではないでしょうか。

この議論につきましては、時間的な制約もあって、やや消化不良に終わった感があります。ぜひとも続きをしてみたいですね。

以上、第21回チャット討論報告でした。
2004年7月18日yomori55氏投稿より
[PR]

  by ponkenblog | 2004-10-18 04:48 | arts

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE