<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「戦後思想」チャット報告2(yomori55)

こんにちは。よもりです。
8月20日(金)開催のチャット討論についてご報告いたします。

参加者はじゅんさん、そにあさん、りょうさん、せいぼさん、もりもりさん(お久し振り!)いんくさん、きかさん、ダンサーさん、ふとだまさん、よもりでした。

今回のテーマは「公共性について」でしたが、冒頭りょうさんより、加藤典洋の「私利私欲の上に公共性を築く」という論旨に対するコメントがありました。
りょうさんによれば、私利私欲の上に公共性を築くというのは、フランス革命のテーマであって、加藤は当たり前のことを言っているに過ぎない。公共性というのは、私利私欲を
達成するために求められるのである、ということでした。そして、そのためにも私利私欲を主張する各個人には「自己責任」が求められる、という考えです。
これに対し、そにあさんから「リバータリア(libertarian)の真骨頂ですね」と半畳(?)が入り、このやりとりが通奏低音となる形で議論が進みました。

りょうさんからは引き続き、神戸震災ボランティアに対する加藤典洋の一種冷ややかな視点(文章はブリーフケースにUPしています)について、「理解できない」との意見が提示されました。
これに対し、じゅんさん、よもりは、ボランティアの善意が国家意思に回収されることへの危惧という観点で加藤の文意を読み取るべき、と述べ、そにあさんからは「組織化されないボランティア」を否定する考えが示されました。
このあたりから、議論はりょうVSそにあのバトルの様相を呈し、書き込みをも巻き込んで、深い深い混迷へと沈んでいったのでした。

このバトルを再現することは、私の能力をはるかに超えていますが、面白いなあと感じたことがありますので、それを報告してみます。
議論の中で、そにあさんはりょうさんの論理の「形式」を衝いたように思えました。つまり「なにを語っているか」ではなく「どのように語っているか」、「論理がどのような構成をとっているのか」、を問題にしていたように思います。
対してりょうさんは、あくまで「語られたことの実質」が大事であるという姿勢を崩しません。
最後には業を煮やした(?)そにあさんから、「自衛隊のイラク派兵だってボランティアです」という発言が飛び出しました。これは、りょうさんの論理に傷口を開けようとした、そにあさんの「自爆テロ」とも見なされましたが、結果としては、残念ながら単なる自爆に終わり、夏の夜の底へと沈没していった感がありました(そにあさん、ごめん。反論してね)。

参加者のみなさんはどんな感想をお持ちでしょうか。
ぜひぜひ、投稿ください。
2004年8月23日yomori55氏の投稿より
[PR]

  by ponkenblog | 2004-09-04 21:24 | society & culture

「戦後思想」チャット報告(yomori55)

こんにちは、よもりです。
お盆休み返上で働いているJUNさんに代わり、8月13日開催のチャット報告をいたします。
参加者はJUNさん、そにあさん、せいぼさん、いんくさん、ふとだまさん、よもりでした。

今回のテーマは、JUNさんがアップしてくれました高遠さんの手記をめぐっての感想でした。
「まずは元気になってよかった」(よもり)
「伝えられていなかったことが多く書かれていて、2チャンネルなどのパッシングのひどさが分かった」(いんく)
といった感想から始まりましたが、ボランティア活動のあり方をめぐって、
「国家と個人の中間に位置するものとして、しっかりとした組織を形成しなければ、これからのボランティアは立ち行かない。高遠さんは、自分の活動の公共性を主張すべきだったし、そのためにもしっかりとしたNPOなりをたちあげて、その中で活動すべきではないか」(そにあさん)という提示があり、ここから議論が拡がりました。
「かりに犯罪人であっても、個人を保護するのは国家の義務であるはず」(いんくさん)
「一人での活動は危険が伴うし、国家は個人の面倒をみてはくれないということを自覚すべき。」(せいぼさん)
「組織化することによって、運動が硬直化する恐れがあるのではないか」(ふとだまさん)
「個人的な動機に基づいて活動していることが、いわば高遠さんの持ち味で、組織の中に入ったのでは、高遠さんのモチーフの核にある“愛”が活かされないのではないか」(JUNさん)
「それはある意味“文学的”な動機で、イラクのような戦闘地帯に行く場合、やはり善意や純粋さだけではなく、社会性・公共性が必要ではないか」(よもり)
などなど、議論が出されました。

また、「自己責任論」をめぐって、
「自己責任という言葉は、市民社会の主体としての個人の確立を志向しているように見えるが、その実、関係の網の目の中で生きている私たちの、その網の目をブチブチ切っていくような議論ではないか。かつて話題になった援助交際少女の《人に迷惑をかけてないのだから、何をしてもいいでしょう》という言葉の、ちょうど裏返しになっているのではないか」(よもり)という発言から、
「公共性をどう位置づけてゆくか、そこの議論をしてみたい。やはり国家と個人が公共性をめぐってダイレクトに対峙するのではなく、中間的なNPOなり地方自治体なりが公共性を担ってゆく、そういう社会にならなければ、非常に危険ではないか。」(そにあさん)という発言があり、後半は今話題の「自治体合併」をめぐって、若干の議論になりました。

それで、次回のチャットなのですが、表題にもありますように8月20日(金)、夜10時より、「公共性」をめぐって
じっくり議論をしてみたいと思います。切り口としては、今回少し話題となった「自治体合併」について、よもり、JUNさんから「現地レポート」を行います。日本国家から「さっさと合併しちゃいなさい」と宣告された過疎地に住んでいる二人が、現地住民の生々しい声なども、都市住民の皆様にお伝えしながら(笑)、議論を進めてみたいと思います。ぜひぜひご参加ください。

なお、この報告中、出席メンバーの発言はよもりの怪しげな記憶に依拠しております。趣旨が違うと思われた方は、投稿をお願いいたします。
ではでは、20日にお会いしましょう。
2004年8月14日 yomori55投稿より
[PR]

  by ponkenblog | 2004-09-04 21:18

「戦後思想を考える部屋」とのコラボについて(dancer01jp)

戦後思想を考える部屋のご理解をいただけたため、じゅんちゃん(junjfk01)、よもりさんら(yomori55)の書かれた文章をも、このブログに載せることと致します。
 このようないきさつになった理由を、先に投稿したdancer01jpの戦後思想への投稿より抜粋して、説明に変えたいと思います。

 このようにポン研と「戦後思想」の会のメンバーがクロスして
いる関係もあり、また、経緯を遡っても支援及び協力の友好関係
にあったことがわかります。
 今現在、私の記事「ブログの有効性と展開」でも、触れている
ようにポン研は、りょうさんの聖書講読以外は休止状態にあり、
ブログで開放する活動の記事が取れにくい状態にあると思いま
す。そこで、ポン研のアーカイブにもあるような「戦後思想」と
の友好関係を利用し、又、私dancer01jpも、「戦後思想」のメン
バーで参加させて頂いていることもあるので、ポン研ブログの方
に「戦後思想」での活動記録をコラボレーションという形で、載
せられないだろうかいうことを考えました。サイトのタイトルが
「ポストモダン研究会」ですので、これも実験的な試みとして捉
えることも出来ますし、また、「戦後思想」の方では、今まで内
容の濃い議論を経てきたことを、吟味して公開できる場になった
らいいと願っています。
 しかし、「戦後思想」の会は、もともと、じゅんちゃん
(junjfk01)が始め、よもりさん(yomori55)が今は運営に携わ
っており、その2人に問い合わせたところ、この「戦後思想」の
メーリングリストに、私の意図することを説明して投稿して欲し
いとのことでしたので、このようなご説明とご理解を御願いする
次第となりました。
 ブログへの具体的な掲載については、未定ですが、案として
は、「戦後思想」のメーリングリストのアーカイブの中で、本人
のオリジナルの文章で本人の了解がとれ、公開する価値のあるも
の。もしくは、今後、私dancer01jpが出席した回の情報として、
どんなことを扱ったかを具体的に述べるのでも良いかと思ってお
ります。

2004年7月28日dancer01jp 戦後思想への投稿より抜粋
[PR]

  by ponkenblog | 2004-09-04 20:40 | introduction

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE